つれづれなる毎日

誰も先の事はわからない。だからお楽しみは後回しにしない!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再建(番外編)NO.16(CRF(脂肪)注入手術1年7か月経過/今の状態)

久しぶりの再建ネタです。長文です(笑)

2012年1月25日(金)
再建終了した私は特に何かない限り昨年から1年に1回の診察(経過観察)となっている。
昨年末、乳がんの4年目検診の辺りで騒いでいた事(こことかここ)も大丈夫とはわかっても今現在どういう状態なのかちゃんと把握しておきたかったこともありI先生の診察の他に乳がん検診としてエコーの予約を入れていた。

12時にI先生の診察、その後乳腺専門医によるエコーと聞いていた。
部屋に呼ばれて上半身脱いで待っていると先にエコーをしますとK先生(女性)が入ってきた。
あらかじめ問診票にも書いてあったけれどここが気になるあそこが気になると再建側のCRFが溶けて嚢胞のようになっていると思われるところを診てもらった。

結果は外科での診断と同じく注入したCRFが溶けてオイル状になって嚢胞になっているとの事。
ただ一番最初に見つけたぽっち(ここ  私にもあった~(T_T))は触れる事は出来るけれどエコーには何も映らない、今あるのは再建胸の上の方、年末の乳腺診察でセンセに訴えたところだけ(ここ  乳腺診察~2012年7回目~今年もお世話になりました・その1~)しか映らない、数も1つとの事。
でも、固定されるようなものではないから最初のところは吸収されてなくなったのかもしれないし、今映っているところは細長いからもしかしたら2つあったものがくっついて1つになったのかもしれないそうです。
ちょっと心配していたのは見えないところで注入したCRFが溶けた部分がどんどん広がっていたらどうしよう…って事だったけれどそうではなくて安心した。


◆ エコーの写真と検診結果

DSCN3680.jpg

上の方が黒く抜けているのがわかりますよね。
向かって左が嚢胞を上から写した状態、右が正面から写した状態。


DSCN3676.jpg DSCN3675.jpg

昨年のセンセの診断結果は信用していたけれど、悪いものではなくても詳細な事が知りたかったから今回エコーを受けて良かったです。

そしてその後看護師Oさん(この日はFさんお休みだって)にバトンタッチして写真撮影
いつものごとく前横斜めと6方向からパチリ
写真確認すると「もっと太ってください」と言われたCRF(脂肪)注入当時とは明らかに違う自分のお腹周り
今だったらもっと脂肪採取できたわよね…

その後待つこと10分…はなかったと思う。
I先生が入っていらして「お待たせしてすいません。何か気になる事はありますか」とおっしゃるので胸の上部の嚢胞の事を話した。

I先生はその部分を触診しつつPCで過去の写真を見ながら

01253.jpg  その部分

I先生 : 「K先生はなんて言っていました(私が脂肪が溶けてオイル状になって嚢胞になっていると言われたと答えると)ここですよねここは私が脂肪注入したところでも1番赤くなって気になっていたんです。ここだけで済めばいいけれど…(胸全体触診しながら)みんくさんは診察はもう年1回でいいんだけれど…ここら辺はもうちゃんと脂肪が定着して生きているから大丈夫だと思いますがこれ以上硬く触れる部分が増えてきたりしたらすぐに連絡下さい。」
私  : 「はい、じゃあ何もなければ次は1年後ですね。でも、一昨年の乳がん検診では何もなかったんですよ」
I先生 : 「最初に3年後にはどうなっているかわからないと言ったのはそういう事なんです。脂肪注入した最初の患者さんは(I先生じゃなくて別のクリニックで)3年半位経つけれど特に何もないし(地方の方だから最近はあまりいらっしゃらないけれど…ってオイオイ)この技術自体がまだできて何年もたっていないんです。」
私  : 「注入した脂肪が2年近くかけてこうなったという事ですか
I先生 : 「そうです。私の患者さんで脂肪注入したのはみんくさんで3人目ですからどこれからまだどうなるかはわかりません。今後はこの部分が馴染むようにマッサージをして下さい」
そう言いながら指でその部分を押していらした。
私  : 「え今みたいにですか
I先生 : 「そうです。お風呂に入った時にでもマッサージしてください」
私  : 「はい、わかりました」

その後I先生私の段腹見て「また太りました」ですって…
はい、確かに太りました。前回に引き続き…!Σ(×_×;)!


ああやっぱり…と凹む間もなくこの頃にはもうI先生PCにかちゃかちゃと打ち込んでいて私も診察台から降りて着替え始めていた。
でも、I先生がまだ部屋にいらっしゃる時に話しながら着替え始めるなんて初めての事
PCへの打ち込み作業に時間がかかっていたからいつもより記録する事が沢山あったんだろうなあ…
今、これまでやってきた事に後悔はないけれど、良い事も悪い事も私の症例はこれからの人の為に残るんだよね
乳がんの治療だって再建だって先を行くそういう人達がいたからこそ進歩してその恩恵にあずかれる今の私達がいるんだよね。
そんな膨大な症例の1つにでもなれればこの先どんな結果になっても後悔はしない、そう思えた事も(手術を受けると)ついた決心だったよ。


ま、他にももう少し話はしたんだけれどね…それはここでは書けないわ。

ご興味のある方は個別にご連絡をお願いします(笑)



最後にお約束のCRF(脂肪)注入後の今の状態


01251.jpg   01252~00

自分で見て昨年に比べて、向かって右の左胸健側の方が若干アンダーが下がっているように思いますが注入したCRF(脂肪)が減ったというよりは健側の加齢による下垂の要素が大きいかなあ…と(笑)

そうそう、今は全くそんなつもりはないけれどいつかの将来の為に看護師Oさんに一応聞いておきました。

私  : 「どうしても健側はいつか下垂したりしぼんだりしてきますよね。その時に持ち上げる手術とかどうなんでしょうね
看護師Oさん : 「はっきりと言って皆さん、もう完全に閉経になって女性ホルモンの働きがなくなった頃、胸も小さくなったり下垂したりしきった60歳頃に決心される方が多いですね。みんくさんはまだまだでしょう。私はまだ必要ないと思いますよ。」

はい、私もまだそのつもりはありません。これ位乳がんでなくても誤差の範囲内です、ってかフツーです。

私  : 「60歳かあ~…その頃I先生にやっていただけるのかなあ…」
看護師Oさん : 「先生には頑張っていただきますので(笑)」

でも私がその頃(60歳頃)I先生が現役だったとしても先生のお歳を考えるとちょっと不安だったりして…


とにもかくにも長々とした久しぶりの再建ネタはこれで終了です。
次回は何もなければ1年後。。。その頃私はまだこのブログを続けているのかな…
「人生一寸先は闇」1年後のこのブログがどうなっているのかなんてわからないけれど、今やりたい事は何としてでもやれるように頑張ってやっていきます。


今日も最後までお付き合いいただいてありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト

Comment

チャーム 

ヘビ柄の下着についているチャームステキ♪

こうやって使う方法もあるんですね。
  • posted by mi 
  • URL 
  • 2013.01/27 08:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがと~ 

CRFの前後の、写真、ありがと~
参考になります^^

脂肪って・オイル化になる事も、あるんだね、
いろんな事、含めて、CRF注入を、決断した、みんくさん!
ありがとう~です、これから、考えてる人の、参考になります。

私も、事例のすくない、方法なので、この先のリスクなど
不安は、ありましたが・・
それも、ぜんぶ受け止めての、再建でした。
今も、できあがってないから、不安はありますが・・
がんばってゆきたいです^^

みんくさんの、お胸ちゃん^^きれいだよぉ~^^
  • posted by ホワイト 
  • URL 
  • 2013.01/27 09:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: miさんへ 

こんにちは^^
これってワコールデューブルベのなんだけど取り外しは出来るけれど最初からSetでついています。
誰にも見せる訳じゃないんだけれどね~(あ、ここで見せているか!)
  • posted by みんく 
  • URL 
  • 2013.01/27 17:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ホワイトさんへ 

こんにちは^^
そうそう、溶けてオイル状になったりもするし、以前の美容外科でやっていたような脂肪注入だと壊死して固まったりする確率が高いそうです。
CRFは横浜のセルポートクリニックでやっている幹細胞とは違うけれど幹細胞が付いた脂肪(CRF=コンデンスリッチファット)を注入するから定着率は高いけれどまだ始まったばかりの技術だから5年、10年と経過した患者さんがいないからどうなるかわからないって言われていました。
今のところ他は大丈夫なのでこのまま済めばいいなって思います。
お互い次の為に頑張って行こうね。
ありがとうね^^
  • posted by みんく 
  • URL 
  • 2013.01/27 17:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

みんくさんの胸綺麗ー★
私も数年後は再建したいなぁ
って常にみんくさんを目標としています。
両胸の調整もいつか必要になるかもだけど・・
調整すれば若いままの胸ってことかもですねぇ

それにしても 綺麗な胸♪
夏は堂々と薄着ができるね★★
  • posted by MINMIN 
  • URL 
  • 2013.01/30 09:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: MINMINさんへ 

こんにちは。ありがとう^^
シリコンだと身体的な負担は少ない分やっぱり年齢とともにその差は大きくなりますよね。
でも、自家組織だからといって健側と同じ様に下垂していく訳ではないしいつかどうしようもなくなるまで何とか左の健側には頑張ってもらいます(笑)

だけどね、ちょっとくらい違っても胸がある分には他人は気にしていないというかわかりませんね。
もしわかる人がいたらそれは患者本人か関係者です。
MINMINさんも治療が落ち着いたらMINIMINさんに合う再建方法で出来るといいですね。
  • posted by みんく 
  • URL 
  • 2013.01/30 15:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

みんく

Author:みんく

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

2008年11月末に乳がん(浸潤性小葉癌)で右温存、断端陽性で12月全摘、抗がん剤(TC)後現在ホルモン治療中です。ノルバデックス+ゾラデックスを5年間の予定でしたが3年目の2011年11月に主治医よりゾラデックス終了の提案があり1ヶ月悩んだ末ゾラデックス終了を決めノルバデックス服用のみとなりました。関節痛などあちこち不具合はあるけれど、すっかり禿げの痕跡もなくなり、シリコンでの2期再建も終了。いまだ気持ちの浮き沈みが激しい毎日だけど『頑張らないけれど諦めない』をモットーに過ごしていきたいです。お酒と甘いものと主治医のセンセが大好きです。2011年6月、再建胸の凹みとリップリングを修正する為CRF(コンデンスリッチファット)による脂肪注入手術を受けました。

『脱!患者』センセから完治宣言を貰う事を目標にしつつ『お楽しみは後回しにしない!』をモットーに新たに加え、観劇などのお楽しみを中心に日々の出来事を綴っていこうと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

最新記事

皆さんから頂いたコメントです♪ありがとうございます(^o^)

Comments<>+-
Trackback <> + -

※コメントは管理人判断で削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

右サイドメニュー

現在の訪問者数

FC2カウンター

メールはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お暇なら眺めていてください

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。